公立高校受験の基礎知識

教師と学生

学力を身に着ける方法

小学校高学年の段階から、公立中学校への進学を視野に入れて学習塾で勉強するのが、高校受験に必要な学力を身に着けるコツです。特に公立高校入試では、基本的な問題が出題されることが多いので、教科書連動型のワークブックの活用が効果的です。地域に密着した学習塾では、中学校別のテスト対策なども充実しているので、部活に入っても計画的に勉強を進められるでしょう。けれども学習塾に通う頻度は週に3回程度なので、授業で学んだ内容の理解を深めるためには、自宅でも復習を行うことが大切です。塾の先生の指示に従って家庭でもプリント学習を進めると、中学校の授業の理解に必要な、基本的な内容も十分にマスターできるでしょう。しかしトップレベルの公立高校に進学するためには、学校の成績を上位に保つだけではなくて、入試で9割以上の得点を確保することも必要です。夏期講習や日曜日の特訓授業なども充実している、ハイグレードな学習塾に通うことが、偏差値の高い高校への合格にもつながるでしょう。更に限られた時間内で問題を解くことが、トップレベルの高校に受かるための必須条件であり、毎日の学習トレーニングが不可欠です。方程式や因数分解の計算練習を行うことが、数学の基礎学力を高めるためには重要ですが、文章題や証明問題にも積極的に取り組むべきです。出題パターン別に数学の応用問題を解いたり、学習塾で先生から長文読解の解き方を教えてもらうと、入試レベルの内容も効率的に学べるでしょう。

Copyright© 2018 評判のいい学習塾に通おう|成績アップも夢じゃない All Rights Reserved.