家庭教師と塾は違う

生徒

それそれの違いを知ろう

お子さんの日々の学習のために、家庭教師と学習塾のどちらを選べばいいかと悩む保護者も多いことでしょう。学習塾と聞くと、集団指導を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、個別指導を行うところもあります。集団指導を行う学習塾は、複数人の生徒に対して講師が一人という、学校と同じようなスタイルです。進学塾の場合は授業のペースが早く、学校よりも高レベルな内容を実施します。そのため、中には勉強についていけない子も出てきてしまいます。個別指導の塾は、生徒一人に対し講師一人が授業を実施します。それぞれの生徒に合わせた授業を実施するので、無理のないペースで学習を進められます。しかし、引っ込み思案の子の場合は、一対一の授業に緊張してしまう恐れもあります。お子さんに合ったスタイルの塾を選ぶといいでしょう。個別指導塾に通うなら、家庭教師でも同じではないかと思うかもしれません。学習塾よりも値段が安いとい点から、家庭教師の方が魅力的に感じることもあるでしょう。しかし、家庭教師の場合はすべての教科を一人が担当します。全教科が得意という家庭教師は少なく、教科によっては成績が伸びない恐れもあります。個別指導塾の場合は教科によって講師が異なるので、成績アップの可能性も高いです。また、家庭教師の場合は生徒の自宅で学習することになります。そうなると、雑談ばかりで勉強をしないという事態も起こり得ます。個別指導塾の場合は学習を行うのは塾なので、雑談に発展しにくいです。学習にしっかりと取り組めることでしょう。

Copyright© 2018 評判のいい学習塾に通おう|成績アップも夢じゃない All Rights Reserved.